カテゴリー別アーカイブ: 広報委員会

ゲーム制作コンペティション Dare To Be Digital へ参加しよう

Let your imagination fly ! ゲーム制作コンペティション Dare To Be Digital へ参加しよう!

Dare2014日本チーム派遣委員会

馬場 章(東京大学大学院情報学環)
岩谷 徹(東京工芸大学芸術学部)
遠藤雅伸(株式会社モバイル&ゲームスタジオ)
細川 敦(株式会社メディアクリエイト)
藤原正仁(専修大学ネットワーク情報学部)

英国スコットランドAbertay大学が主催するゲーム制作コンペティションDare To Be Digital 2014 の参加学生を募集します。是非情報を共有頂き、学生の派遣にご協力頂ければと思います。 続きを読む

ISAGAサマースクール2013のお知らせ

2013年8月5日から9日 10日 の日程で開催されるISAGAサマースクール2013の案内が届いております。開催地は京都ですので、JASAGに関連する皆様のご参加をお待ちしております。

ISAGAサマースクール2013の案内のダウンロード

関連ウェブサイト

若手科学者への募集案件

============================================================
** 日本学術会議ニュース・メール ** No.368 ** 2012/12/7
============================================================
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
◇若手科学者への募集案件:Networking Conference on Integrated Science
discussing the Future Earth(テーマ:Food Future)
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

日本学術会議も加盟している国際学術団体であるICSU(国際科学会議:International Council of Sciences)から、若手科学者を対象とする以下の案件が届きました。ご興味のある方は、是非応募して下さいますよう、お願いいたします。応募締切日が12月14日(金)となっております。協力学術研究団体におかれましては、学会員へのご案内をよろしくお願いします。

◇イベント:Networking Conference on Integrated Sciencediscussing the Future Earth
◇共催団体:ICSU(International Social Science Council),DFG(German Research Foundation)、及びISSC(International Social Science Council)
◇テーマ:Food Future

◇日程:2013年4月14〜19日
◇場所;イタリア(Villa Vigoni at Lake Como)
◇応募要件:Future Earthの関連イベントの一環としてFood Futureを取り上げるため、本件 に関連する問題についてディベートできるポスドクの方(博士号取得及び同等と認められる経歴の研究者含む)10年未満の職歴がある方:好ましくは40歳未満)。
自然科学と社会科学の間でのコラボレーションに興味がある方。
◇旅費等:エコノミー・クラスの航空券と現地宿泊費用は主催者負担となります。
◇言語:英語のみ。
◇応募締切日:2012年12月14日(必要書類を電子メールにて送付)
◇応募書類等:詳細は元の英文メールの内容をご確認ください。
◇応募用電子メールアドレス:net‐conf@worldsocialscience.org
◇採用の可否の連絡時期:2013年1月

問い合わせ先
日本学術会議事務局 国際業務
TEL:03-3403-5751

詳細は、以下にお示しします先方からのメール本文をご参照頂けますよう、
お願いいたします。

The DFG, ICSU and ISSC are organising a networking conference in April 2013in Villa Vigoni at Lake Como in Italy. Young scientists working on integrated science on food systems are invited to submit their proposals. Applications close on December 14th.

Food poses one of the key challenges for human societies in the coming decades. Food Futures encompasses everything from what we eat and food security to the way we research and talk about food. Food is often a central theme in issues related to security, global health, demographics, geography, urbanities, culture and society, political systems, and local and global environments. ICSU and ISSC, in collaboration with the DFG, are planning to assemble a large group of young researchers with diverse
research perspectives to reflect on Food Futures and debate relevant issues as part of a series of conferences on Integrated Science. The aim is to bring together creative multidimensional, interdisciplinary and transdisciplinary perspectives to address such a complex topic like food systems. These early career scientists will ask what are and will be the challenges related to food, now and in the future, and they are expected to devise the next generation of research programmes and projects, looking for a suitable definition and means to reach global sustainability goals. Young scientists are invited to submit applications for participation in a Networking Conference on Integrated Science.

The DFG/ICSU/ISSC Young Scientists Networking Conference on Integrated Science discussing the Future Earth theme Food Futures will take place in Villa Vigoni, the German‐Italian Centre for Cultural and Scientific Exchange at Lake Como in Italy, from 14‐19 April, 2013. The International Council for Science (ICSU), the German Research Foundation (DFG), and the International Social Science Council (ISSC) are inviting applications for participation by young scientists. The conference is kindly funded
by the German Research Foundation. Closing date for applications: 14 December 2012.

The Networking Conference is open to post‐doctoral researchers interested in the collaboration between the social and the natural sciences. The conference will bring together senior and leading scientists and researchers with a diversity of perspectives on food to identify top priority questions for future
research on the topic. The meeting is designed to become the starting point for new international integrated science research on Food Futures. They will provide not only a chance to fully realise the overview of the state of the art in the topic/field, but also to interact and network with leading thinkers ? forging new collaborations, and fostering new compelling integrated science. Travel expenses
(economy trip) as well as cost for the stay at Villa Vigoni will be covered for successful applicants for the duration of the conference. Please note that the seminar will be held in English only. Candidates should indicate if this would be a problem for them.

Selection criteria

1. General eligibility of Candidates

・Post‐doctoral researchers with no more than 10 years work experience following their PhD; or individuals with equivalent qualifications (preferably under the age of 40);
・Interest in international, transdisciplinary, intercultural research cooperation Application requirements:
・A full (no more than 1 page) CV to include:
・Education
– Current position;
– Other relevant experiences or academic awards;
– Candidate’s current research topic(s);
– Supporting Material;
– List of up to 5 of the candidates publications, which he/she values highest of which the best paper should be included as a reprint;
– A brief outline (1 page) of how the candidate’s work is relevant to the seminar topic;
– A half page outlining why she/he should be participating in the meeting;
– A half page abstract for candidate’s proposed poster;
・Eligible, interested candidates are welcome to apply by emailing the requested documents to the email address below:

net‐conf@worldsocialscience.org

・Or forward the application by mail to

International Social Science Council (ISSC)
UNESCO Building
1, rue Miollis
75732 Paris Cedex 15
FRANCE

***************************************************************************
学術情報誌『学術の動向』最新号はこちらから
http://www.h4.dion.ne.jp/~jssf/text/doukousp/index.html
***************************************************************************
===========================================================================
日本学術会議ニュースメールは転載は自由ですので、関係団体の学術誌等への転
載や関係団体の構成員への転送等をしていただき、より多くの方にお読みいただけ
るようにお取り計らいください。
===========================================================================
発行:日本学術会議事務局 http://www.scj.go.jp/
〒106-8555 東京都港区六本木7-22-34

文部科学省 平成25年度科学研究費助成事業−科研費−公募要領等について

協力学術研究団体 担当各位

文部科学省 平成25年度科学研究費助成事業−科研費−公募要領
【研究成果公開促進費(研究成果公開発表)】の公募について

平成25年度科学研究費助成事業につきましては、平成24年9月1日より、公募を開始いたしましたのでお知らせします。公募要領及び応募書類の様式は、文部科学省科学研究費助成事業ホームページhttp://www.mext.go.jp/a_menu/shinkou/hojyo/main5_a5.htm に掲載しております。なお、応募に当たっては必ず公募要領を確認してください。

問合せ先

文部科学省研究振興局学術研究助成課科学研究費第二係
(Tel:03-5253-4111(代表) 内線4095)

続きを読む

小澤正直教授講演会 『科学哲学と物理学の交流ー量子力学のフロンティアと東工大の文理融合知ー』

「シミュレーション・リテラシー研究部会」よりお知らせです。

  • 日時: 2012 年4 月12 日(木曜日)14:00 受付開始 14:15 開会
  • 会場: 東京工業大学 大岡山キャンパス 蔵前会館 くらまえホール が無料(公開)にて開催されます。
  • 参加希望者は以下のお申込方法にて: 4 月 10 日(火曜日)までに 電子メールの本文に
    • (1) お名前
    • (2) ご所属
    • (3) 連絡先メールアドレス
      なお、当日参加も可能です。 続きを読む

第12回アジア学術会議インドネシア会合国際シンポジウム Call for Papers ご案内

日本学術会議会員、連携会員及び協力学術研究団体各位

第12回アジア学術会議インドネシア会合国際シンポジウム Call for Papers ご案内

  • 日本学術会議第12回SCA会合担当小分科会委員長 園田 茂人
  • アジア学術会議事務局長/財務調整担当 白田 佳子

趣 旨

第12回アジア学術会議では、「Mobilizing Science Toward Green Economy」をテーマとして、持続可能な開発、並びに貧困撲滅のコンテキストで進行する  アジアのグリーンエコノミーに焦点を当てた国際シンポジウムを開催致します。つきましては、以下のとおり、エコファイナンス、グリーン政策、再生可能エネルギー、食の安全等をテーマとした論文を広く公募致します。 続きを読む

横幹連合ニュースレター2011年10月号(No.27)

===============================================
/ / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / /
■□■横幹連合ニュースレター 2011年10月号(No.27)■□■

http://www.trafst.jp/news.html 編集:ニュースレター編集室
/ / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / /
===============================================

<<目次と 主な掲載内容 >>

1●巻頭メッセージ

◆ サービスサイエンス と 横断型科学技術

…… 小坂満隆 横幹連合理事(北陸先端科学技術大学院大学 知識科学研究科長)

「21世紀のイノベーション創造に向けた知の統合と知の創造」という
テーマで、本年11月28日、29日に第4回横幹連合コンファレンス
が、北陸先端科学技術大学院大学(JAIST)で開催されます。私は、
コンファレンスの実行委員長を務めています。知の統合については、
いろいろな領域や技術分野に「空間的」に広がってゆく知の統合と
いう側面に加えて、(昔から受け継がれてきた)伝統的な知と(最先
端技術を活用した)最新の知との、時代を超えて響き合い、再解釈
され続ける、「時間的」な広がりを示す知の統合という側面もあると思
います。加賀という伝統文化の地で、横断型科学技術の研究者が
一同に集い、知の統合や横断型科学技術の意義について議論で
きますことを心から期待しています。

==>>続きはこちら http://www.trafst.jp/news.html#message

2●活動紹介

【活動紹介】第31回横幹技術フォーラム
「企業における事業継続計画(BCP)の必要性」に参加して
(9月27日)

…… 辻内賢一 (日立製作所OB)

最初に丸谷氏から、今回のテーマである、企業における「事業継続
計画の概要と今回の震災を踏まえた最新動向」についての包括的
な講演が行われました。「事業継続計画」とは、危機や災害が起き
ることを前提とした危機管理の手法で、非常に限られた経営資源で
最低限の事業活動を継続する、あるいは、事業を目標復旧時間以
内に再開できるようにするため、事前に策定される行動計画のことで
す。内閣府の事業継続ガイドラインにおいては、これは緊急時の、
経営や意思決定、管理などのマネジメント手法の一つと位置付けら
れ、平時の事前対策を含めて、事業の継続と復旧に力点が置かれ
ているようです。経済学の知見に富む丸谷氏の講演からは、特に、
危機や災害などの「リスク」に備えるためには、「コスト」が必要である
ことを、強く意識させられました。

==>>続きはこちら http://www.trafst.jp/nl/027/report.html

3●参加学会の横顔
横幹連合に参加している学会を紹介するコーナーです.

◆日本品質管理学会 ……… 会長 鈴木和幸 氏
(電気通信大学 教授)

==>>詳細はこちら http://www.trafst.jp/nl/027/profile.html

*このコーナーにご登場下さいます学会を募集しております。
横幹連合の他の学会への、良い学会紹介の機会となりますの
で、自薦他薦を問わず、事務局までご一報下さい。

4●イベント紹介
横幹連合の主催・共催イベントの開催情報です.

==>詳細はこちら http://www.trafst.jp/nl/027/event.html

【これから開催されるイベント】

◆第4回横幹連合コンファレンス

【これまでに開催したイベント】
これまでに開催したイベントの記録です.

==>詳細はこちら http://www.trafst.jp/nl/027/event.html

===============================================
【編集室からのお知らせ】
「ニュースレター発行のお知らせ」では、横幹連合に加盟する
学会のイベント開催情報を掲載していきます。
各学会の大会等のイベント開催情報をお寄せください。

<掲載する情報>開催日、行事タイトル、主催、会場、詳細URL
<掲載例>

2011年11月28〜29日
第4回横幹連合コンファレンス
「21世紀のイノベーション創出に向けた知の創造」
主催:横幹連合
会場:石川ハイテク交流センター
http://www.trafst.jp/conf2011/index.html

なお、この情報は、横幹連合ホームページの
「会員学会カレンダー」http://www.trafst.jp/calendar.html
にも転載します。
————————————————
横断型基幹科学技術研究団体連合(横幹連合)
広報・出版委員会 ニュースレター編集長 武田 博直
事務局 池田理香
Transdisciplinary Federation of Science and Technology
事務局 e-mail:  office@trafst.jp tel&fax: 03-3814-4130
ホームページ:http://www.trafst.jp/
所在地:東京都文京区本郷1-35-28-303 〒113-0033
(公益社団法人)計測自動制御学会 事務局内
————————————————